秋田の住まいづくり 北原 鳥海山

About

秋田の住宅設計 ZEH
 
調和の取れた美しさを追求する事で、質と居心地の良さを高めた空間づくりをしています。
 
 
 
次世代省エネ基準を上まわるエコで快適で安全な温熱環境をつくります。(Q1.0住宅)

Q1.0(キューワン)住宅

 

 

北海道の高断熱住宅の標準となる北方型住宅(次世代省エネ基準を満たす住宅でQ値*が1.6W/㎡以下)は、北海道の一般的な、ストーブで部分暖房を する住宅に比べ、約2/3の灯油消費で全室暖房が可能になります。本州の次世代省エネ住宅が、一般住宅に比べて、全室暖房をすると2倍の暖房エネルギーを 消費するのに対し、はるかに厳しい基準です。この、北海道の高断熱住宅の暖房エネルギーを、さらに半分以下にしようとすると、地域によって差はあります が、おおむね値=1.0前後になることから、Q1.0(キューワン)住宅と名づけられました。
なお、年間暖房エネルギー計算は新住協で開発した計算プログラムQPEXで計算されます。

 

*家全体から床面積1㎡あたりに逃げ出す熱量のこと。
  熱損失係数(Q値)は、値が小さいほど断熱性能が高いことになります。

ご家族の生活スタイルや、将来の家族像などをお聞きしながら、立地条件・建築コストの面からもバランスのとれた家づくりを考えます。基本設計から始まり、何度も話し合いを重ねながら実施設計に入っていきます。建主さんと共に家を創り上げていくことを大切に考えています。

設計について

永く快適に暮らせる秋田の住まいづくりを目指して

素材とデザイン。
快適性。